1件ずつ表示 
2010.07.03 Sat

ナナフシのあかちゃん

 子供たちが小さい頃はカマキリが人気者でした。
カマキリの三角の顔が人間の顔のように動くのが面白くて、私も好きでしたが、
 田舎に帰ってから県北のキャンプ場に行ったとき、末っ子がカマキリの顔のないような昆虫を手のひらに乗せて来たのが初めてナナフシとの出会いでした。

 カマキリより大きくて、細くて、ゆっくり動く枯れ枝のようなナナフシと言う昆虫になんともいえないユーモラスさを感じて、好きになりました。

 ナナフシって山にいるんだなと思っていたのですが、今日裏庭で、草取りをしてたら、小さな昆虫が動いているのが見えたので、カマキリの赤ちゃんかなと思ったら、なんとナナフシの赤ちゃんではありませんか!!

 手のひらに載せて家に持って入り、大急ぎで末っ子に見せましたが、「ふーん」と気のない返事。
もう高校生だったね、昆虫に大騒ぎをする年ではなくなりました。

 記念撮影をして、草原に逃がしてやりましたが、夕飯のときに、ナナフシは?ときかれたので、ちょっとうれしかったです。
DSCF1088.jpg

Category: 自然な話 Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

小さなナナフシですね。よく見つけられたものだ。ナナフシ君擬似化失敗ですね。
(o^-^o) ウフッ、そうですねーー
まだ小さいから擬似化の技を獲得してないと思うな。

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://zuzuno.blog36.fc2.com/tb.php/5-a9e56fb0

この記事に対するトラックバック:

iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)