1件ずつ表示 
2010.09.06 Mon

永沢まことさん

 日曜日の朝、友人が
「今日の中国新聞に出てたよ!!」と教えてくれました。
何がでてたの??
「ながさわさんよ!!!」

 大急ぎでコンビニに買いに行きました。
makoto.jpg

地方紙の中国新聞だけの企画でしょうか??
 もしそうだとしたら、見てない方も多いと思うので

永沢さんのコメントを紹介します
「絵は誰にでも描けます」
「興味を引かれたものを見えたまま線でたどれば、もう絵になっているんです」
「本物らしくとか構図を決めるというのは、絵を描く楽しさを損なう。たかだかルネサンス期に始まった科学的な考えです、ラスコーの壁画や子供の自由さを見習いましょう。感性から理性へは進めるけど、逆は難しいですよ」
「褒めてもらおうとか、上手になろうとか思っちゃ駄目。自分を素直に出すことだけを心がけてください」
「対象を頭で見るのではなく、体全体で感じながら見るようにする。でもパリのエッフェル塔を前にすれば、舞い上がって観察力が鈍ります。そんなときは『たかがエッフェル塔か』というぐらいな気持ちで気おされずに見る。やがて楽に描けるようになりますよ」
又こんな風にも言っておられます。
2年3年と描き続けていると、自分を抑えつけていた「ふた」がぱかっと開き個性が表れる瞬間がある と。

makoto31.jpg
旅先で絵を描くというサブタイトル
「旅は絵を描く絶好のチャンス、日常を離れて好奇心にあふれた原始的な自分に戻りやすいからです」とも

いずれは私も 海外旅行をして絵を描きたいものです(* ̄。 ̄*)
 
Category: 出会い Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

うわぁぁ~~出てる~~♪相変わらずグっと突き刺さる言葉だらけですね!果たして今回行った東欧で描いた絵は全て当てはまるだろうか、とひとつひとつ思い出してしまいました。理性より感性で描いていたいですね!
ということで無事に帰ってきました♪♪ズズさんも行きたいという気持ちがあって諦めなければ実現しますよ!一番いい方法は、飛行機チケットを取ってしまうことです^0^
そりゃそうですね。
わーい、お帰りなさい、
 無事帰られてよかったよかった
どんな絵を描いて帰られたのか
わくわくします。
 楽しみだわーーー

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://zuzuno.blog36.fc2.com/tb.php/23-4fa02a5f

この記事に対するトラックバック:

iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)