1件ずつ表示 
2010.08.20 Fri

絵を描くということ

先日用事のある夫にくっついて広島へ行きました。
夫の用事がすむまで、近くにあった図書館で時間をつぶしました。
 ふと目に付いた本を手に取りましたが、第二次世界大戦のドイツで生きて、
そして死んだ画家の足あとをたどったものでした。(T-T)
 
s-DSCF1407.jpg

 実は私の住む町の隣にはホロコースト記念館があって
アウシュビッツの酷い出来事についての展示があるのですが、
 私は怖くて見に行くことが出来ないのです。

 人間がそこまで残酷になれるということを認めたくないのかなあ・・・
これからだって、そういうことが起こらないとも限らないと思うと怖くて・・

 超弱虫な人間です

でも、画家の話だったので、思わず手にとってしまいました。

 もっと平和な時代に生きていればこんな自画像は描かなかったことでしょう。
   ギリギリの環境の中で描いた絵は、人の心をうちます。

 でも、平和な時代に生まれていればと思わずにはいられません

 s-DSCF1429.jpg




 帰りの車からは夏の雲がいっぱい見えました。

やっぱり平和はありがたいことです。

s-DSCF1431.jpg


s-DSCF1426.jpg

 そうそう家にあった古い布を使ってノエルさんにバッグを作ってもらいました。

 
bag_20100819231758.jpg
Category: 出会い Comments (4) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

もう少し涼しい平和を願います

とてもステキなバックでした
似合ってました  だれでもはムリ!
ヾ(@゜▽゜@)ノあはは
 涼しい平和
  切実ですよね

バック褒めてくださってありがとう~
tokotokoさんが柿渋で染めてくださったおかげですよー
心に重いものを感じた時、どういう訳か
空を見上げてしまいます。そうすると心
が晴れ、澄み渡った気分になります。
いつまでも澄み切った空であって欲しい
ですね。
千恵子抄じゃないけれど都会の空は空じゃ
ないですね。
私も大阪の真ん中あたりに住んでたときには
本当の空が見たい!と思ったよ。
 でもこちらの日差しはきついよーー
 

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://zuzuno.blog36.fc2.com/tb.php/15-4314eca4

この記事に対するトラックバック:

iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)