| main |
2012.04.28 Sat

みんなの作品から

ここ最近の教室で描かれた皆さんの絵です


kさん2作目です、慎重に色を塗られています、淡い感じがいいですね♪
家でもう少し色を重ねてみますということでした、楽しみです


mさん、テーブルクロスの色が効果的!
全体の調子を引き立てて柔らかい絵になりました


iさん山吹を描きたかった、というだけあり生き生きとした山吹の花ができました糸の玉も力強くていいですね♪


yさん、線に勢いがあって魅力的
鉢のどっしりした感じが出てます



sさん、遠近感を出すにはどうしたらいいかということが分かった!と
発見があったようです。
色が着くのが楽しみです

アトリエの扉に、道の駅で買ったドライフラワーのリースをかけてみました



Category: 教室の日 Comments (2) Trackbacks (0)
2012.04.28 Sat

紀の国の五月

新緑の美しい季節になりました
郊外に出かけると、様々な緑が、えもいわれぬハーモニーをつくりだしています。




こんな時いつも思い出すのは
佐藤春夫の詩です。

紀の国の五月なかばは
椎の木のくらき下かげ
うす濁るながれのほとり
野うばらの花のひとむれ
人知れず白くさくなり、
佇みてものおもふ目に
小さなるなみだもろげの
素直なる花をし見れば 恋人の
ためいきを聞くここちするかな。

柳の芽はやはらかく吐息して
丈高くわかき梧桐はうれひたり
杉は暗くして消しがたき憂愁を秘め
椿の葉日の光にはげしくすすり泣く

ふといづこよりともなく君が声す。
百合の花の匂ひのごとく君が声す。

なげきつつ黄昏の山をのぼりき。
なげきつつ山に立ちにき。
(後略)

ためいき 佐藤春夫「殉情詩集」より

恋の歌なんですが、最初のフレーズに魅了され、紀の国の五月を見にいきたいと、電車で和歌山にいったことがありました。
その結果はどうだったのか忘れましたが、きっと詩以上の光景はなかったのでしょうね。
今でも紀の国の五月に憧れています。
Category: 自然な話 Comments (3) Trackbacks (0)
2012.04.24 Tue

寄付しました

アトリエオープン以来私のやら友人のやらの不用品を棚に並べて、
岩手で支援活動をしてる岡部さん (ホームページはスケッチ日和
に送るべく寄付を募っていました。
ある程度売れた時点で本通り街中情報室ぜっぴに品物を持って行ってさらに売りました。
結構売れたんですよーご協力ありがとうございました。
今日岡部さんに売り上げを送りました
12,247円です



支援活動に役立ててくださるそうです。
また折を見つけて応援していきたいと思います。

それから、リンクの部屋新しいホームページも増えてます、
ご覧くださいね
Category: お知らせ Comments (0) Trackbacks (0)
2012.04.24 Tue

そりゃあそうよね。

山があれだけ緑になったんだから、平地も緑になっとるわけです。

気がつけば、いや気がついてたけど、畑はこんな具合


愛犬チャチャと一緒に草取りしました
チャチャも頑張る


私も頑張りましたが、
今日はここまで



ふー (^◇^;)
Category: 自然な話 Comments (2) Trackbacks (0)
2012.04.23 Mon

最終日

大雨の予報も風の予報も外れ
穏やかな最終日になりました




出足は遅かったのですが、大勢の方がこられて



無事展覧会も終了





今回イイねと言ってもらった絵は


ルッコラさん


2012年のお雛様


家からの眺め


藪椿


でした~
ありがとうございました。
ホッとしてます ( ̄ー ̄)
Category: 展覧会 Comments (2) Trackbacks (0)

iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)